コロナによる収入減少。小口資金貸付制度

先日コロナの対策である特例貸付の緊急小口資金のお問合わせを市町村にしてみました。
まず国に問い合わせしたら色々説明してくださり、お住いの社会福祉協議会に連絡してくれとの事で、電話してみました。
国の担当者が言うには住民票等も市町村によってはこの様な状況なので無料で発行してくれている場所もあるとの事。
少し期待して問い合わせしてみました。
所が・・350円・・しかも同居している人間の住民票も欲しいと言われました。

つまり!700円掛かる訳です!!!
え?お金がないから問い合わせしているのに700円取るんですか??
しかも、最初市役所に行って交通費取られ、仕方ないから電話で社会福祉協議会へ・・そしたら今度郵便局へ・・・
真面目に最初から出向いていたらあちこち振り回されて交通費も更にかさんでしまっている状態でした(^^;

これ・・正直700円出そうと思えば出せますが・・本当に切羽詰まった人はどうなんでしょうか??

350円だって出せませんよね???
俺・・・350円あれば5食は食えますよ!?
そんなに切羽詰まった状況の人間に住民票のお金出せってどうなんでしょう??

そして出る保証もないんですよ??

助ける事が出来るのはある程度お金を常備している人だけなんですか???
本当に無いから困っている人は助けないのですか???

この制度・・・どうなんでしょう??って思ってしまうオレが間違っているのかな???
自分はギリギリまで自分で頑張った結果無理だと判断して頼もうと決断したのですが350円払ってしかも審査に3週間も掛かるんじゃ・・緊急でもなんでもないですよね????

もうこうなるとある程度ゆとりがある人しか期待出来ない制度だなぁーと心から思いました。

って事で自分は知人からなんとか借りて頑張ってみます。

結果!!!!

特例措置の緊急小口資金と言うが、本当はある程度ゆとりのある人しか借りれない国の制度!と言う結論に達しました!
つまり本当お金が全くなく困っている人は絶対借りれないのです。
恐らく市町村にもよりますが少なくとも自分の住んでいる場所では・・

国なのか?市町村なのか?対応にかなりがっかりした一日でした。。。。。
恐らくですが、国が全国統一でやらせないからこういう結果になるのでしょうが・・各自治体任せで良い制度の自治体があったらそれを他にもやらせる位の対応をしなくちゃいけないのではないでしょうか??と思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です