コロナ急増・・新たな給付金?

コロナに関してまたもぼやきます(^^;

コロナが世間で急増していますね。
もう太郎もいつ掛ってもおかしくない状況です。

正直ワクチンに関しても大した検査もしないで世に出回った訳で・・色々な情報が飛び交っていますね。

ファイザーは副作用が少な目。モデルナは若い人が接種すると強めの副作用が・・
最近はモデルナがワクチンの効果がデルタ株等にも強い等。
もう・・どれが真実か分かりません・・

そこで・・太郎の見解・・
個体差がある!ただこれだけじゃないでしょうか・・・(^^;
太郎は一応ファイザーの一回目を終えました。
腕が痛かったのは事実です。
知人でも数人熱が出た人がいました。
全くでない人もいました。
これって考えてみたら?副作用が出ている=抗体を作ろうとしているから?なんだろう?って思うのですが・・
つまり副作用が出た方がいいような気もしちゃうのが太郎の見解・・
かと言って出すぎるのも困るんで・・バランスが難しいですよね。

でも・・最近ではデルタからラムダ?もうこの先マンタやポンタやカンタや色々出て来そうですね。(^^;
つまり・・・ワクチンは一時凌ぎにすぎずいたちごっこなんですよね。きっと・・
つまりはコロナDNAに効果が高い特効薬が出ない限りはずっと今の繰り返しなのでは?って思うのです。

で・・最近思うは・・確かに飲食店休業やら色々しています。
確かに人流を抑えるも大事なのですがコロナ患者の実数を把握するのがもっと大事なのでは・・と・・

何故なら?太郎の回りの会社には社内で感染者が出てそこからの感染の場合給与保証はあるけれど・・・
どこから感染したか分からない様は一番の人は保証がない・・
なんて会社が沢山あります。
例えば・・スーパー従事者でもそういう所があるみたいで、それだともし体調が悪くてもお金に困っていたら黙って出勤しちゃいますよね???
スーパーなんかお客さんも多くそこから感染した場合だって十分あるはずなのにこの扱いは辛いなぁ・・と思ったりします。

しかもPCR検査・・濃厚接触者として認定されたら国が受けさせてくれますが・・独自でおかしいと思った場合は有料・・
これでは本当に貧困で困っている人は黙っておいて回りが感染した後、そこから濃厚接触者でPCRなんて人が多分少なくないと思うんですよね。。
このコロナ禍でお金に本当に困っている人が沢山いる中で・・・こういう状況ではいつまで経ってもコロナなんて落ち着かないんだろうなぁ・・と思うのが本音です。
結局はお金持ちはいつでも逃げる事も出来安心した生活は出来るが、貧乏人・またはこのコロナで職を失った人等はコロナになってもPCRなんて受けず突然死なんて一杯ありそうな気がします。

もっと検査体制を整え、保証対象を店や会社じゃなく個人にしたら感染状況も把握出来て、隔離もしやすくなりもっと感染増加を抑えられるんじゃないかなぁ??なんて太郎は思ったりしています。

早く終息してくれるのが一番ですがそれは期待出来ないだろうってのが本音で・・

少しでももっと個人が気楽に生活出来る世の中の仕組み作りを考えて欲しい物です。

個人的には休業要請ではなく、この間の飲食店や酒類提供のお店や酒税等を今の10倍位にしてお金持ちだけ遊べるようにしてその分を貧乏な人がもっと手軽にPCR受けれたり、休業補償が貰える仕組みを考えたらどうなんだろうなぁ・・って思うんだよなぁ・・
時短営業なんてやっている時間に人が集中するだけで逆に良くないと思うし・・
逆に24時間の店舗を増やせばもっと密は減るんじゃないのかな?なんて思ったりします。

政治家の皆さん頑張って下さいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です