NTT西日本。フレッツ光とプロバイダの違約金。

先日、どーにも高いフレッツ光を解約しました。
で・・そこで良く問題になる違約金なのですが・・
同じ日に登録していてしかも同じNTT系列のOCNに契約しているのにも関わらず、

・フレッツ光の違約金が掛からない日付が9月10月。
・OCNの違約金が掛からないのが11月12月。

ん???なんで?同じ2年縛りのなのに?
なんか色々説明されましたがどーーーにも納得出来ませんでした。
ま・・たかだか数千円でしかも次のプロバイダ会社が負担してくれるんで、どうでもいいんですが、なんとなく?納得出来ない&確信犯的に思えてしまいました。

皆さんどう思います?納得できますか??

どんな説明されてもわざとそうしている様にしか思えなくないですか??
すっごくいやらしいと言うか完全に確信犯ですよね??

そもそも違約金ってさ・・思いません?
なんでそんな物が必要なのか・・って思う部分があります。
そもそも日本のインターネットや携帯料金はちょっと高いと思うんですよね。
それなのに違約金とかが当たり前みたいになっているお役所仕事みたいな大手キャリアには最近ちょっとうんざりします。
実際小さいところもそれに合わせて同じ様に2年しばりの違約金制度がある所がほとんどです。
なんか悪い事しましたか?って思うんですよねぇ・・

この制度は法律で撤廃させてほしいですよ。

金銭的には大した額ではないのですが、彼らからしたら短期で解約させない為の手段。とってもいやらしいですよね。

自由競争と言いながら2年は必ず契約しなきゃいけない制度・・

これはどうなんでしょう??

と・・くだらない話をぼやかせて頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です