【三井住友銀行偽装・フィッシングメール】【三井住友銀行】から重要なお知らせ

本日2件目の新作は三井住友銀行成りすましの詐欺・フィッシングメールのご紹介になります。

最近銀行系カード系は本当に増えてきていますね。
今回のも旧作に似たのはあるもののこれだけ長文系は久々です。
ただ、前半の方の2つが詐欺URLかと思いますが、その二つ共に詐欺URLがそのまま表示URLで使われているので最重要項目であるURLの確認はここでできるかと思います。
とにかく詐欺メールに引っかからない最大のポイントは詐欺URLにアクセスしない!
これにつきます。
なので詐欺URLかどうかを瞬時に判断出来ない人はよぉーく見て詐欺に騙されないようにしてください。

早速ですが内容をご紹介します。

送信者アドレスや本文はここからです。

件名:【三井住友銀行】から重要なお知らせ
送信者アドレス:bbcooota@dn.smbc.co.jp; (三井住友銀行)


三井住友銀行SMBCダイレクトご利用のお客様

いつも三井住友銀行をご利用いただきありがとうございます。

この度、当社はセキュリティシステムの大幅なアップグレードを実施しているため、ご登録された個人情報を
再確認する必要がございます。

つきましては、以下へアクセスの上、ご登録された個人情報の確認にご協力をお願い致します。

https://www.smbc-bansk.com/

ご確認をいただけない場合、ご利用の口座に制限がかけされる恐れがございますので、予めご了承下さい。

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。


―――■SMBCダイレクトで残高確認■―――
ATMに行かなくても残高をご確認いただけます。
https://www.smbc-bansk.com/
―――――――――――――――――――――

※本メールは、お届けのメールアドレスへお取引の受付をご連絡するものです(本メールの再送依頼は受け付
けておりません)。

【不正送金被害にご注意ください】
偽のメール等で誘導された当行を装う偽サイトに、お客さまの口座情報やワンタイムパスワード等を入力する
と、不正送金被害にあう危険があります。
https://www.smbc.co.jp/kojin/special/stop_phishing_crime/

【当行から送信したメールであることの確認方法】
「三井住友銀行」名でお送りするメールには、携帯キャリアのメールアドレス宛を除き全て電子署名を付けて
います。
https://www.smbc.co.jp/security/smime/

【当行のサイトであることの確認方法】
閲覧しているサイトが当行の正当なサイトかどうかを、電子証明書により確認いただけます。
https://qa.smbc.co.jp/faq/show/297site_domain=default

【メールの内容に身に覚えがない場合】
本メールに対するメールでのご返信お問い合わせはお受けしておりません。メールの内容に身に覚えがない場
合や、サービス等についてくわしく知りたい場合は、当行ホームページをご覧いただくか、以下より電話番号
を確認の上、お問い合わせください。
https://www.smbc.co.jp/contact_list.html

【メールアドレスや配信設定の変更】
SMBCダイレクトにてお手続ください。
https://direct.smbc.co.jp/aib/aibgsjsw5001.jspsc=081&aff=aqebpy0000

———————————————————————–
発行:株式会社 三井住友銀行
東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
登録金融機関 関東財務局長(登金)第54号
加入協会 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
本メールの内容を無断で引用、転載することを禁じます。

送信者アドレスや本文はここまでです。

下の方の細い青文字の部分は本家のものかな?と思います。
特に下部の部分は本家さんも言いそうな本文かなと思いますので引用かもですね。

内容自体も最近それなりっぽく見えるのが増えている気がします。

ご注意くださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です