偽サイトが1000以上!?

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)調べで13日。
日本の公的機関や企業等の偽サイトが多数確認されたとし、アクセスしない様呼び掛けているという。

首相官邸や神戸市の偽サイトや愛媛新聞社等のサイトで1000以上!

おーい!マジかーー
アクセスするなって言われても、もしグーグルで一番上にいたらアクセスしちゃうじゃんね・・
で・・一番の対策としては末尾にtkがついているという事なのですが・・
それ以外もあるんじゃないの?って1000以上ありゃ・・・あるんじゃない?
って思いますよね。

しかも本当にそっくりらしく、定額給付金の申請手続きまで掲載されていてそこで偽申請までできちゃうとか?
って事はだよ?マイナンバーカード情報盗まれる可能性があるって事だよね?

これって見た目だけで分からないとなるとドメインでしか判別出来ない。
ちょっと怖いですよね。

基本日本の政府機関の場合ドメインの最後がgo.jpです。
検索して出てきた結果がそうじゃない場合は怪しいと思いましょう。
ただ、地方自治体等の場合違うので・・最低でも最後が.jpを確認しましょう。

詐欺サイトの場合海外が多いのでjpドメインじゃない可能性が高いと思います。

ちょっと緊急性が高そうだったので急遽ブログに掲載しました為、詐欺メール系のカテゴリに掲載しました。

こういう所を確認した政府は差し止め等を即時にどこかに依頼出来ない物なのでしょうか?フィッシング対策協議会なる物でアクセスしない!って注意喚起よりアクセス出来ない様に即対応して欲しいなと思ってしまいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です